アグロティス

Seedlings
Greenhouse
Combine Harvester on Field
Harvesting Crop Field
Hay Bales
Harvesting Wheat
 
Harvesting Wheat

最新のトレンドは?

2021年5月26日

「物流」です。
農業界に限らず、人手不足が深刻化している。ドライバー不足やそれら要因に伴う物流費の上昇を課題視する声が上がっています。生産物を消費者に供給するためには「物流」は必要不可欠です。しかし物流コストが上昇している以上、今後そのコストを生産地や実需で共有せざる得なくなることでしょう。
人手不足を解決する手立てとして、自動運転やドローンなど技術開発や活用に期待が高まります。
また「地産地消」もより注目を集めるのではないでしょうか。
生産地から消費地までの距離が短くなると、輸送コストの削減につながるだけでなく、鮮度や地場農産物をアピールする商品力もつきます。また消費者との物理的距離だけでなく、心理的な距離も近づくと考えられ、地場農産物の消費拡大につながります。

Inside Greenhouse

知れば知るほど夢中になる

2021年5月26日

農家の一番のやりがいは、自分の手で一から農作物を育てられることです。
ひとつの農作物を収穫するまでには、長い時間がかかります。
畑や田んぼを耕すことから始まり、苗を植え、草むしりや害虫の駆除をして、肥料をやり、間引きをしてと、数ヶ月から一年かけてたくさんの作業を積み重ね、ようやく収穫にたどりつくことができるのです。
苦労して育てあげた野菜や果物を、まるで自分の子どものように愛おしく感じるという人は多いようです。
美味しいお米、みずみずしい野菜、甘い果物、美しい花、農家が育てるものはそれぞれ。「これは自分にしか育てられない」という大きな誇りを感じることができます。

Net Covering Crops

業界の革新

2021年5月26日

・ロボット技術×農業

農機ロボットの自動操縦技術によって省力化を図ったり、収穫作業などをロボット技術により自動化する。

ロボットとひとことで言っても、カメラやセンサーを搭載して画像分析に活用するロボットもあれば、農薬散布などの重労働を担うドローン、レタスなどの作物の自動収穫ロボット、収穫した作物の選果や箱詰めをするロボット、荷物を運搬するロボットなどさまざまな目的と用途がある。そして、従来は大規模農場や食品工場などでしか使われなかったこれらのロボットが、より安価に、身近な農家レベルでも使えるような導入コストの低減も進んできている。
このようなロボット技術の開発が進んだ暁には、24時間365日、さまざまな作業させることも夢ではなくなり、生産性の向上や市場規模の拡大も見込める。究極的には、人間が行う作業をすべてロボットが肩代わりするという世界も実現できる。

さらに、実作業だけでなく、人間しかできなかったような摘果(いいタイミングで果実を収穫すること)の判断や、かたちやサイズの選別といった部分も、AIと組み合わせることでロボットに任せる取り組みも進められている。

世界的にも高齢化が進む農業界において、こうしたスマート農業によるロボット技術の活用と導入、そして普及は喫緊の課題だ。

 

農業体験

  • 農業体験
    コロナの状況で未定です
    場所を未定にする
    コロナの状況で未定です
    場所を未定にする
    この機会をお見逃しなく
 
 
Harvesting Wheat

お問い合わせ

送信が完了しました。